アフィリエイト型ショッピングサイトレンタル CSアフィリエイト

CSアフィリエイトは、厳選した商材を取扱う専門店を、完全無料・カンタン登録で今すぐ始めることができます!!誰にでもわかりやすいシステムになっていますので、ネットショップ未経験の方や気軽にじめたい方にもおすすめのシステムです。

ガラケー対応

根強い人気のガラケーにも対応

4台に1台はガラケー、契約数は全体の43.1%!

MM総研の調べによると、2015年度におけるガラケーの出荷台数は、前年比22.6%減の819万台と、同社が調査を開始した2000年以降、初めて1,000万台を割ったが、それでも、携帯電話市場全体の23%と、約4台に1台はガラケーが占めているのだ。また、国内における携帯電話契約数のうち、ガラケーの契約数は5,486万件(2015年9月末)となっており、構成比は43.1%。まだまだ多くの人がガラケーを利用していることがわかります。

まだまだ高い日本のガラケー比率

ガラケーは消えつつあるこの状況は、日本だけでしょうか? 海外の事例を見てみましょう。
表1を見てもわかるとおり、米国、英国、中国のどこの国と比べても、日本のガラケー利用率(全体加重平均)が全世代で高いことが分かります。海外ではこれに比例して、スマホ比率が軒並み高めですが、日本ではガラケーの使用率の方が高い年代すらあります。
このように日本ではまだまだガラケーのニーズがあるのが現状です。

表1. ガラケーの国別使用比率

いまだにガラケーを使う理由

実際にどのような層がガラケーを利用しているのでしょうか? MM総研の調べによると、ガラケー利用ピーク層は2つあります。1つ目が30~40代のサラリーマン男性で、仕事で利用するためです。2つ目がシニアで、熱心なガラケー利用者かつスマホを持っていないため、メイン端末として利用しています。

30~40代男性

  • 同じ機種を使いたいから
  • 業務用端末として使うので、余計な機能がいらない
  • タッチ操作ではなくて、ボタンが押せてシンプルに使えるから
  • ガラケーの料金プランがスマホよりも安いから

シニア

  • 余計なものが付いていなくて分かりやすいから
  • 一度店員に進められてスマホにしたけど、全然使いこなせなくて、高い料金だけ払うしかなかったから
  • スマホを利用する自信がない
  • もうなかなか売っていないので
  • 今利用している機種が気に入っているから

上記のようなアンケートから、ガラケーならではの人気の理由が明らかとなりました。要するに「シンプルな機能で十分」「ボタンが付いている」「スマホを使いこなせない」「スマホよりもガラケーの方が安い」といったスマホにする必要性がない人たちにまだまだ人気があり理由なのです。

CSアフィリエイトではすべての利用者を考慮

こうした理由から、CSアフィリエイトではスマホユーザーのみに片寄らず、多くのユーザーのアクセスを考慮したシステムになっています。ガラケーにも対応させることで、どんなユーザーも等しく利用することができ、またさらなる販路の拡大にもつながることが見込まれます。






(




)

登録するショップを選択してください。
登録画面にジャンプします。